« 学生と大人の違いってなに? | トップページ | 社労士試験のグレーな問題 »

2009年8月27日 (木)

通学、通信、それとも独学?

勉強の方法として、資格スクール、通信教育、独学の3つがあります。
資格本なんかを読むと「それぞれ一長一短があるから、自分にあったものを選びましょう」なんていう、どれやねん のアドバイスしか載ってません。
 

が、kantan-kunは、「通学すべし!!」と言い切ります。
  
それはなぜか?
資格スクールには、デメリットをおぎなって余りあるメリットがあるからです。
 
じゃあ、メリット(デメリット)ってなに? ってことですが
まずデメリットは「時間が拘束されるので、自分のペースでできない。」ってことでしょう。

 自分のペース???

社労士の勉強は1年間の長丁場。自分ひとりではぜったいに続きません。
「いや、自分は大丈夫」と思ったあなた、以下を読んでからもう一度考えてください。
 
マラソンに例えてみましょう。

ゴールは来年の8月です。 でもあなたは一人で参加するのでコーチはいません。 練習の方法も分かりませんし、どんなウェアやシューズを選べばいいかも分かりません。 スタート地点までも自分で行くしかないですし、レースに出てもあなたに給水ポイントはないです。 もしかしたら道順も分からないかも?
もしろん、ガイドブックや規約を読めば書いてはあるんでしょうが、そんなの読む暇があったら、マラソンのトレーニングしたほうがいいですよね。

 

あなたはこれで勝てますか?

 
資格スクールに行くということは、余分なことはすべてお任せできるということなんです。
各科目の時間割というのもバランスを考えて作ってありますし、インプット(講義)とアウトプット(問題演習)の時期も、長年の経験により作られたものでしょう。
マラソンでいうペース配分と戦略を、スクール側で考えてくれるということです。
 
 

もうひとつ、社労士試験に特有の問題もありますが、長くなりましたので今日はここまで

|

« 学生と大人の違いってなに? | トップページ | 社労士試験のグレーな問題 »

勉強方法」カテゴリの記事

始める前に」カテゴリの記事