« 勉強方法について、追記1 | トップページ | すきま時間の利用方法 携帯電話1 »

2009年9月 9日 (水)

勉強方法について、追記2

来年に向けての戦いはもう始まっています!!

試験直前の頃の気持ちを思い出してください。「あ~時間が足りない。もっと早くからやっておけば・・・」と思っていませんでしたか?

 

再チャレンジのみなさんで「過去問についてはやりきった!!」と言われる方は、テキストのまとめをしてみればどうでしょうか?

H21のKantan-kunは同じ資格スクール(上級者クラス)に通うことにしたんですが、始まりが12月だったんでそれまでの間ひたすらテキストの整理をしました。

 

どんな整理をしたかというと、テキストの順番にしたがって「誰が、いつ、どこに、なにを、どうする」を拾い出してみました。

Photo

すると、例えば労基法では「誰が」のほとんどが所轄労働基準監督所長だということが再認識できました。

ということは、覚えなきゃならないのはそれ以外のケースだけでOKですよね。

(ちなみに所轄都道府県労働局長が出てきたのは71条・訓練生の特例だけでした。)

 

この作業を9~11月まで延々と行ないました。

それと平行して(今までの内容を忘れないように)問題集もやったんですが、、、

 

 

やり方をちょっと変えました。

 

 

試験直前は、ひとつの法律を続けてやってたんですが、試験後は毎日少しづつでもいいので、いろんな法律をこなすようにしました。(問題集のページをパッと開いてその問題を解きました。)そうすることで、いままでの知識を忘れないように心がけました。

本格的に試験勉強を始めたときに、知識がゼロに戻ってたんではまた同じことの繰り返しです。

この時期、せめてKEEPしておかないともったいないですからね。。。

 

|

« 勉強方法について、追記1 | トップページ | すきま時間の利用方法 携帯電話1 »

勉強方法」カテゴリの記事

始める前に」カテゴリの記事

社労士」カテゴリの記事