« 問題集の選び方3 複数の出版社を使い分ける | トップページ | 勉強方法のまとめ »

2009年9月28日 (月)

過去問題は何回すればいいの?

「過去問題は何回すればいいんでしょうか?」というご質問をいただきました。

何回・・・もちろん覚えるまでです!!

とはいうものの、時間も限られてるんでできる回数にも限度があります。
ある先生のブログには「目標10回」とありましたが、、、

考えてください。

法令8科目と一般2科目で10科目ありますよね。
これを10回やろうとすると、10科目×10回で100科目分やらなくちゃいけません
残る期間は10ヶ月強。。。
ということは、100科目÷10ヶ月で、結局1ヶ月に10科目全部をしなければならないということになります。

再チャレンジの人はともかく、初学者の方はありえませんよね。(だってまだ習っていないんですから。)
不可能な目標をたてるから、最後につじつまがあわなくなっちゃうんです。


とりあえず目標3回+αにしましょう。

少なすぎる・・・?
 
 
いえいえ、だって同じ問題ですよ。3回もやれば大体は覚えちゃうでしょ。
もし覚えられないとしたら、それは勉強方法に問題があると思います。
回数をこなそうとする人は、それだけに一生懸命になって1回ごとの内容が薄いのかも知れません。


以前にも紹介した方法ですが、例えば1日に30問すると決めたとします。
そして、もし間違ったらその問題は翌日に繰り越して下さい。

 9/28 ノルマ30問(うち7問誤回答だった)
        ↓
 9/29  7問(うち2問誤)+30問(うち4問誤)
        ↓             ↓
 9/30  2問(うち誤なし)+ 4問(うち誤なし)+30問

9/29は37問、9/30は36問、、、間違えれば間違えるほど問題量は増えていきます。

このやり方で最後の1問まで間違えないで終わればそれで1回終了です。
けっこうきつくなるとは思いますが、どんな難問でも、毎日続けりゃ3・4回でとりあえず正解できるでしょう。

そして同じやり方で1~2ヶ月後に繰り返してください。

そしてまた1~2ヶ月後。

これで3回が終了です。

仕上げとして、試験直前期に以前(1、2、3回目)で間違った問題だけを抜き出してやってください。
これが+αになります。

逆に言うと(ある程度の間を空けて)3回やって3回とも正解した問題は4回目をしなくとも大丈夫です。
確実にみなさんの身についていますから!!

|

« 問題集の選び方3 複数の出版社を使い分ける | トップページ | 勉強方法のまとめ »

勉強方法」カテゴリの記事

択一の勉強方法」カテゴリの記事

選択の勉強方法」カテゴリの記事