« 労働者ってどんな人(労働者の定義) | トップページ | 賃金と平均賃金 1 »

2009年10月 3日 (土)

使用者ってだれ(使用者の定義)

使用者って社長のことなんでしょうか?

条文では、以下のように書かれています。

 労基法10条
  この法律で使用者とは、事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者をいう。

 
 
事業主は分かりますよね。
個人事業ならオーナー本人、法人事業ならその法人そのものです。

事業の経営担当者というのは法人の代表者や取締役などのことです。

では事業主のために行為をするすべての者って誰なんでしょう?
 

例えば、あなたが課長だとして、部下に対して業務上の指示をしたとします。
この場合、あなた(課長)と部下の関係で、あなたは使用者となります。

では逆に、あなた(課長)が上司である部長から業務上の指示を受けたら・・・
あなたは労働者になります。

つまり事業主のために行為をするすべての者とは役職や名称で決まるのではなく、実質的に(事業主の持つ)権限を与えられているかどうかで決まるということなんです。
 
 
ちなみに、部長や課長などの役職者でも、単に上司の命令を伝達するだけの場合は使用者とは見なされない、という通達があるんですが、、、

みなさんの周りにこんな上司はいませんか?

|

« 労働者ってどんな人(労働者の定義) | トップページ | 賃金と平均賃金 1 »

労基法」カテゴリの記事