« 合格発表!! | トップページ | 安衛法の全体像(総則) »

2009年11月11日 (水)

安衛法って必要?

安衛法を先にすることにしました。
というのも、労災、雇用、徴収法はお互いが関連しているので平行したほうが分かりやすいからです。逆に安衛法は労基法から派生した法律ですし、試験でも労基法とセットで出題されるので、そういう意味でもこの順番がいいんじゃないかと思います。
 
  
ところで、社労士の試験範囲のうちで安衛法はちょっと異質な気がしませんか?

こじつけですけど、社労士って文系ですよね!?
でも安衛法は理系じゃないですか。。。

言ってることが分からない???

Kantan-kunもうまく説明できませんが、年金とか雇用なんかは身近にある話です。でも安衛法の内容って普通に暮らしてるとほとんど関わることのない分野の話ですよね。

総括安全衛生管理者とか第1種圧力容器とかジクロルベンジジンとか、、、
「あ゛~~何のことなのか分からないっ」ていう分野と単語のオンパレードです。

しかも条文とその関連規則は膨大な量があります。

もし足切りがなかったとしたら、安衛法は捨てて他の科目で点数を稼いだほうが効率的かも知れません。

でも、残念ながら社労士試験では各法律ごとに足切りがあります。労基法と安衛法を合わせて(救済措置を期待しないなら)最低でも選択3/5問、択一4/10問以上は取らなくてはいけません。(安衛法のウエイトは選択2問、択一3問)

もし安衛法を捨てたとしましょう。それでも択一4/7問は可能でしょう。でも選択3/3問は厳しいです。

H21を例にすると労基法のうち基本問題は1問だけでした。残り2問は判例からだったので、ほとんどのみなさんが目にしたことがなかった内容だと思います。
たまたま今回は救済措置があったので2問正解すればOKでしたが、もしそれがなければOUTになった方が多いのではないでしょうか。
逆に、安衛法2問のうち1問ができた人は、労基法の1問と合わせて2問正解となり、足切りラインはクリアできたでしょう。

ということで、安衛法はとりあえず半分正解を目標にしましょう。
 
 
安衛法は暗記する名称や数字がたくさんありますが今のところはうろ覚えでもOKです。丸暗記は直前1ヶ月になってからで十分間に合いますから。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

|

« 合格発表!! | トップページ | 安衛法の全体像(総則) »