始める前に

2009年11月 7日 (土)

合格発表!!

昨日は合格発表でした。

自己採点してたんで大丈夫だとは分かっていましたが、やはり発表を見るまでは不安でした。
いや~ 自分の番号を見つけたときはやっぱり嬉しかったです。H21kekka
(選択式36点/択一式55点でした。)

試験が終わってから発表までが長すぎます。さっさと発表すればいいのに。
でもそうすると調整(救済)する暇がなくなっちゃうか。。。

合格率は7.6%、、、去年とほぼいっしょですね。

選択式25点/択一式44点が合格ラインで、労基&安衛法、労災法、厚年法は2点救済がありました。

労災法と厚年法は以外でしたね。
問題自体は基本的な箇所からの出題だったと思うんですが、どちらも、ひとつの条文から5問ともが出題されるパターンだったから、その条文を知らなければ5問全滅ってことですかね。
 
 
ところで、合格率7.6%って少ないと思いますか?
もちろん簡単な試験じゃないですけれど、受験したうちのかなりの人が、いわゆる本気で勉強していないんじゃないかと思います。
特に今は不景気ですから「失業したから、、、」「今の仕事がいつまで続くか分からないから、、、」という理由でとりあえず受けてみた。
そんな、にぎやかしの人が多いと合格率は下がります。というか、そんな人が平均点を下げてくれた方が、足切りラインも下がるってなもんです。

Kantan-kunの勝手な想像ですが、ちゃんと勉強をした人だけで計算すると、合格率は50%位じゃないかと思ってます。(実証の方法がないですけど、、、)
 
 
ちゃんと勉強したというのは、単純に「合計1000時間勉強した」とか「過去問を10回やった」とかじゃないですよ。

時間や回数よりも内容です。

初めての受験ではないのに択一式で足切りになった方、あえてキツイ言い方をしますけどみなさんの勉強方法はどこかが間違っています。
まだ時間はありますから、いまのうちに修正をしましょう。

選択式で足切りになった方、5問中3問のラインは確かにキツイです。たったひとつの取りこぼしで涙を呑むことになったら悔しくて悔しくて。。。
(去年のKantan-kunがそれでした。)
でも選択式にも勉強のコツはあります。「運が悪かった」で終わらせないで、選択重視の勉強をしましょう。

Kantan-kunもこのブログでもっともっとアドバイスをしていきますから

|

2009年9月30日 (水)

勉強方法のまとめ

このブログを書き始めてから1ヶ月ちょっと。。。

最初に「勉強方法」について書こうと思ったときは数回で終わらせるつもりでした。

でも書いているうちに、あれも書こう、これも言わなくちゃ!!と次から次へとアイデアが、、、

こんなに長々と書き続けたのは勉強は効率だということを分かってもらいたかったからです。

続きを読む "勉強方法のまとめ"

|

2009年9月15日 (火)

勉強部屋は必須? 2

勉強部屋が用意できなくともせめて自宅に専用の机だけは用意して下さい。
部屋の片隅にニ○リで買った簡易折り畳みテーブルを置くだけでもOKです。
 
 
どうしてなのか?
 
 
それは資料を出しっぱなしにしておくためです。
 
社労士試験の×問題の作り方として条文の一部を変えて出題するパターンがあります。そしてその×部分の語句は他の条文のから持ってくることが多いんです。
 
  
受験生の混乱を狙ってるんですね。

続きを読む "勉強部屋は必須? 2"

|

2009年9月14日 (月)

勉強部屋は必須? 1

土日はブログをお休みしました。
1年間家族をどこにも連れて行かなかったことのお詫びの意味も込めて、小旅行に行ってたんです。

社会人が勉強をするには家族の理解が必要ですよね。
Kantan-kunも家族の協力があったからこそ
やってこれたんだと思ってますm(_ _)m
 
ところで、みなさんに勉強部屋ってありますか?

続きを読む "勉強部屋は必須? 1"

|

2009年9月 9日 (水)

勉強方法について、追記2

来年に向けての戦いはもう始まっています!!

試験直前の頃の気持ちを思い出してください。「あ~時間が足りない。もっと早くからやっておけば・・・」と思っていませんでしたか?

 

再チャレンジのみなさんで「過去問についてはやりきった!!」と言われる方は、テキストのまとめをしてみればどうでしょうか?

続きを読む "勉強方法について、追記2"

|

2009年9月 8日 (火)

勉強方法について、追記1

何回かに分けて「択一」と「選択」の勉強方法についてお話しましたが、1日(1週間)のスケジュールについて教えて、、、というリクエストがありましたので、追加しておきます。

続きを読む "勉強方法について、追記1"

|

2009年9月 6日 (日)

突然ですが、一般常識対策

勉強の流れからすれば「選択」の勉強方法についてじゃないの?と思われるでしょうが、先に「一般常識」対策についてお話したいと思います。

 

なんでこれを前にもってきたかというと、一般常識(特に法令以外)を苦手にしている人って多いですよね。Kantan-kunの周りにも法令科目はよくできるのに一般常識になるとまったくダメって人がいました。

でもここにも足切りはありますから、最低でも選択3問&択一4問は出来なくちゃ話になりません。というか、どの科目も一律7割できれば、他の科目でカバーしなくていいので楽になりますよね。

Kantan-kunは、H20は選択4/5点&択一9点、H21は選択4/5点&択一8点でした。(H21は自己採点です。)

ところで、資格スクールの時間割では一般常識は最後になることが多いようです・・・

  

が、それでは遅いんです。

続きを読む "突然ですが、一般常識対策"

|

2009年9月 1日 (火)

複数の科目を平行して学習

受験勉強ってコツコツと続けていればいつかは合格できるはず。。。って考えてる人多いんじゃないでしょうか。Kantan-kunは、社労士試験についてはちょっと違う印象を持ちました。

Kantan-kunのイメージしたのは「皿まわし」です。労基法から一般常識までの8科目(8皿)を1科目(1皿)も落とすことなく回せた人が合格、そんな気がします。こんなことを思ったのも、社労士試験にはにっくき足切りが17箇所もあるからです。(選択8科目、選択の合計点、択一7科目、選択の合計点)

続きを読む "複数の科目を平行して学習"

|

2009年8月31日 (月)

朝昼夜になにをするのか?

朝昼夜で大まかに勉強時間を確保した話はしました。ではそれぞれの時間でどんな勉強をすればいいんでしょうか?

 

まず朝の30分、この時間は自宅なんで邪魔は入りませんが、仕事に行かなきゃならないんで時間は限られています。ここは長文を読んで記憶(暗記じゃないよ。)をしなければいけない「選択」の勉強をしましょう。

そして昼の30分、ここは職場や喫茶店など集中しづらい場所になると思います。ここは1問の時間が短い「択一」の問題集をしましょう。

そして夜、この時間はいちばん集中できるはず。ここは講義の復習をやりましょう。

 

時間と状況にあわせた勉強方法を選ぶのも効率UPのひとつです。

 

ところで復習ですが、講義ではテキストを全部説明するわけではありません。だからとばした部分を含めて復習すると倍以上の時間がかかるでしょう。でもスクールの時間割を見ればわかるように、本試験直前までびっちりと講義スケジュールが組まれています。ということは、今日の講義を復習する時間は次の講義までしかないってことです。
抗議の復習がすべての基本ですから、ここは手を抜かずにやりましょう。 

  

ところでみなさんは、最初にやった労基法のことを最後まで憶えていられましたか?問題演習が始まったときには忘れちゃってませんでしたか?

Kantan-kunが社労士試験の勉強方法について思ったこと(特に2回目から)、これが次回の内容です。択一で点が取れない人は試してみる価値があるかも?

|

2009年8月30日 (日)

勉強時間の作り方

資格本なんかを読むと「すきま時間を利用して・・・」って書いてありますよね。でも、どーやって利用するのか?そもそもどうやって時間を作るのか、具体的なことまでは書いてくれてません。

が、Kantan-kunの実体験に基づいた利用方法をどど~んと公開しちゃいます。

続きを読む "勉強時間の作り方"

|